AMELKISに中途半端はないのです

「もう1回してみましょうか」

これは、レッスンで私がよく言うことです。

私は、1つ1つのエクササイズに於いて
1往復したら次、という進み方はしていません。

中途半端にエクササイズのポイントと動きを理解した、
では意味がないのです。

あ!分かった!という閃きに近い
納得感がクライアントにないと
そのレッスンには意味がないと思っています。

極論ですが
エクササイズには全部で6種類ありますが、
クライアントが1つ目のエクササイズで
腹落ちしていないのであれば
それのみに徹しても良いとさえ思っています。

エクササイズの上辺だけを100回繰り返しても
真の上達も結果もついてこないのです。

亀の歩みに思えても、1つ1つを丁寧にさらう事の方が
確実に、土台がしっかりした結果を生み出します。


これは、私がバイオリンで培ってきた確信です。

小さな子供は、ある程度は感覚で覚えられますが
(と言うか、感覚が命かもしれません)
大人に子供と同じ教え方はNGです。

理屈を頭に入れ、反復で筋肉に記憶させる。

曖昧な感覚でしか掴んでいないか、
しっかり理解してモノにしているか、
の見極めは、あらゆる角度から判断します。
(声、表情、動きのスムーズさ等)


AMELKISが目指すことは
「なんか出来てるような気がする」
ではなく
「気付いたら本当に上達していた」
という確信です。

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です