自由な時間とは、つまり何なのか

毎朝娘を保育園へ送ったあと
ハーブティー
感情を書き留めるノートと共に
時間を過ごします

「自由な時間がほしい…」

会社勤めの激務だった時に
何千回そう思ったことでしょう。

ただ漠然と「自由な時間」と願いつつも
どういったモノを求めていたかを深堀すると、
別に寝たり、どーでもいいテレビ見たり、
ダラダラ過ごす時間が欲しかったわけではないんですね。
(そういう時間も欲しかったですが、メインではない)


私が求めていたのは、
やりたいと思ったことをやるという充実感
その「感情」だったのです。

つまり、物理的な「時間」ではなく、
その時に感じる「感情」が、
私が求める自由だったんです。

だからこそ、ただでさえ睡眠時間が短いのに
ハイヒールレッスンを受け、
体力もないのに、エクササイズに没頭していたんです。

ハイヒールで綺麗に歩く為の努力の充実感は
紛れもなく、私が求めていた
「自由な時間」を満たしてくれていたのですね。


私は、何か興味をもった事を学ぶ時間に
とてつもない充実感を感じますし、
人生で求めている感情は、この充実感と言えます。

人それぞれ、何に充実感を感じるかは違いますし、
もっと言うと、「どういった感情を感じたいか」
よくよく考えてみたことはないと思うんです。

想像以上に自分の感情ってスルーしてるものです。


一日10分でもいいので、自分の感情と向き合う時間
いわゆる瞑想でしょうか、
そういった時間を持つことは、
本当の自分を知る近道だと、私は思います。

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です