脚の浮腫みにお悩みの方へ

浮腫みがなくなると
足取りも軽くなります

揉み解しても、揉み解しても

とれない脚の浮腫み。

はぁ…どうしたものか…

仮に浮腫みがとれても、

揉んでる腕と肩が凝っちゃったよ。

浮腫みはとらないと、太くなるって言われてるし。

もう、これは体質だから諦めるしかないかー。


さてさて、こちらは3年前までの
ほぼ毎晩、お風呂場で繰り返された
私の嘆きと悩みです。

思い出したついでに、
当時の私の脚のスケジュールを
振り返ってみたいと思います。


朝の通勤電車で座れることは、ほぼ皆無。

ずっと立ち続けて疲労した脚は、

その後、女性の私には冷えすぎているオフィスで

ほぼ同じ姿勢で固定される。

机の下で、こっそり足首運動をしてみても

ほぼ変わらない、浮腫み。

帰りも帰宅ラッシュと重なって、

再び立ち続ける脚。

圧着ソックスの効き目も、あるような、ないような。

いや、多分ない。

このセルライトは、やっぱり浮腫みが原因だろうか…と

眉間にシワを寄せて、ゾウのような脚を見つめる私。


うーん。振り返ってみると、
私の脚は、過酷な毎日を過ごしていたのね。


さて、現在の私はと言いますと、

脚の浮腫みを最後に感じたのは、いつだっけ?

という状態がつづいていて、
すっかり当時の悩みなど、他人事みたいになっています。


脚の浮腫みに、悩みに悩んできた私ですが、
断言できることは、

浮腫みは体質でも、なんでもない。
カラダを正確に使えって歩けば、なくなる症状である。

ということです♡


「正確に歩く」を具体的にしてみますと、

◊全身を使って歩く
◊骨盤を動かさない
◊足裏の内側の筋肉を、しっかり使う

もうこの3原則は、こちらのBlogで
耳タコなほど、書いているのですが

やっぱりこれが、ほんと~に重要なんです!

ちなみに、ハイヒールは痛くて履けない!

という悩みも、この3原則の内どれか、
もしくは
全部ができていないから、なんですね。


この3原則なら、フラットシューズでもよくない??と

疑問を持つかもしれません。

はい、そうです。フラットシューズでも大丈夫です。


でも、ハイヒールでこの3原則をクリアできれば、

使う筋肉量が多い分、効果は絶大であり
ハイヒールでの外出が苦でなくなり
さらに、美しい歩きさえも手に入ります。

そしてなにより、女性として気分が上がる♡


若干、浮腫みから話が膨らんでしまいましたが、
フラットシューズでもいいので、
明日、どれかを意識して歩いてみては如何でしょうか?

「足裏の内側の筋肉を、しっかり使う」

は取り入れやすく、おすすめです。

*私は、10時間を超す長時間フライトの時こそ
ハイヒールを履きます。
浮腫みを感じたら、機内をグルッと1周します。
そうすれば、浮腫みはとれてしまうのです。

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です