産後の焦り – ハイヒールで心に花を

季節ずれずれですが
6カ月の娘と一緒に(2018年11月)
足元は10.5cmヒール

娘も気付けば1才2カ月になりました。

この前首が座ったと思ったら
もう歩いていて、驚きしかないです。
(ちょっと鈍すぎか…)

産んでみて分かった事は
出産は産んでも終わってくれない。

出産後は、いっつも絶対、身体のどこかが痛い!

会陰部分の痛み、骨盤の痛み
授乳の痛み、腱鞘炎に腰痛…

可能なら、ベットに横になって
何も考えず、ただひたすら眠っていたい

1日30回くらい思ってましたね。

痛みや育児疲れも大変ですが
なによりも、締まりのない自分の姿に
ショックを受けることが多かったです。

着替えてもパジャマとさほど変化のない洋服
(授乳や吐き戻しがありますからね)
出産で緩んだ体型
ノーメイクで過ごす日々

特に出産前に、プライドをもって仕事をしてきた
女性にとっては、容姿の変貌に焦りを感じる瞬間も
あることでしょう。

私は、若さが失われていく…と
めちゃめちゃ焦っていました。
(年齢ではなく華やかさです)

私は産後1か月でハイヒールレッスンと
コーチになるコンサルティングを開始したので

週の半分は、それでもありっっったけの
気力と体力を振り絞って
12㎝ハイヒール、フルメイク、ワンピースで
過ごす日を確保していました。

どうだ、凄いだろ!

と言いたいわけではありません。

人間、時により優先順位は変わりますので
美より育児、であっても全く変じゃない。

ただ、「今日はやめようかな…」と思いつつも
ハイヒールを履いた姿を見ると

心の中に、パッと花が咲く気持ちになるのです。
華やかさを瞬時に感じて
明るく幸せな気持ちになるのです。

子供が1か月を過ぎると、徐々に外出機会も
増えてきます。

首が座る頃になると、子連れでカフェする時も
あるかと思います。

そんな時に、高さ関係なく、
ちょっとヒールを履いてみる

私はこれをとてもお薦めしています。

綺麗なお母さん、
スタイリッシュなお母さん、
カッコいい女性、
そんな自分を瞬時に思い起こせるアイテムです

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です