人の仕事に涙を流した夜…仕事は人に感動を与えるもの。

昨年の8月にOLを卒業し、独立したわけですから
いわゆる、同僚と呼べる仲間はいないのですが、

 

孤独なのか?
と聞かれれば、そんなことは全くなく、

 

逆に、この立場になって
どれだけ周りの方々に助けていただいているのか
身に染みて分かるようになりました。

 

 

昨日の話になりますが
お世話になっている会計士さんが
とある補助金の申請書を作成してくれました。

 

その出来上がった申請書を読んでみると
私が仕事を通して伝えたい真髄
事業のビジョン
クライアントの方々との関係性
日本社会における、ハイヒール事情と女性の葛藤
(数字的根拠まで網羅)

本当に、詳細の詳細まで
書いてあるのです。

 

何度も私のブログを読んで
言葉の背景を読み取ってくださったんだな

(会計士さんは男性なので)
ハイヒールという異分野について
丁寧に、時間をかけて調べてくださったんだな

私に乗り移って、
私の目線で申請書を書いてくださったんだな

 

って、申請書からバンバン伝わってきて
嬉しくて、涙が出ました。

 

 

速攻でお礼を伝えたら

「万記さんのビジョンが素敵で
書いてて楽しかったです!」

 

と仰ってくれて、また涙ですよ。

 

申請書を書くなんて、仕事だから当然でしょ?
では、ないんです。

 

彼の仕事でいうなら
私の何倍も大きな案件は沢山あるので
私のものを手抜きしたっていいわけです。

でもそうじゃなくて、

1つ1つの仕事に熱い気持ちと愛をもって
向かっているんです。

つまり、出し惜しみを絶対にしない!

 

価値あるのは、そういった方と
出逢たこと
共に仕事をしていけること。

 


「Aやったんだから、Bの対価がすぐほしい!」

というトレード的発想ではなく

 

目の前の仕事に、愚痴や不満をもらさず
一生懸命、向き合う
対価以上の価値を人に与える

 

そういった方々と、有難いことに
沢山出逢うようになりました。

 

その方々を見て、

あぁぁぁぁぁ!
私まだまだ冷たかったな、小さかったな

って反省して、成長させていただけるんです。

 

ブログの書き出しと
内容が若干ズレているような気もしますが(笑)

 

独立して孤独を感じるどころか
感化される出逢いの方が、圧倒的に多いのです。

 

日常のブログはアメブロで!
コチラ♡

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です