一生ものと思えるもの

私は、「一生物です」

という販売員の方の言葉に
全く魅力を感じないタイプです。

例えば、Staubの鍋を買いに行った際も
「こちらは一生物ですから、決して高い物ではありません」

と力説して下さったのですが、
「同じ鍋を死ぬまで使い続けるなんて、ごめんだ…」
というのが私の心の声。

確かに一生使える物ではあるだろうけど、
処分して循環させる大切さも、身に染みて感じている。

世代的なものもあるでしょうが、
祖母は「一生物だから勿体ない」を決まり文句に
様々な物を自宅に保管しており、

使用頻度も少ないのに、同じような物が
並んでいる様は、ムダにしか感じられない。

行きつけのセレクトショップのオーナーも
同様の記事を書かれていますが
(一生モノはありうるのか?!)
本当にふか~く同意見です!

ただ、月並みな意見ではありますが

知識と経験は、一生もの!!!

知識も経験も、一度得たあとは、
使おうが使わなかろうが、
どう応用させようが、
どう感じようが、

全く自由であり、且つ、奪われることなく
自分の中に存在し続けます。

そして、場所もとらない………笑

だから私は、ワクワクする知識や経験は
出し惜しみも、躊躇もせず
行動に移していきます。

ハイヒールで正しく美しく歩く

という知識、そしてそれを習う経験も
その後どうしようと
その方の勝手ではありますが、

知ると知らないとでは
人生の豊かさは全く違うと思っています。

何かに挑戦しようか迷う時、

それに意味があるのか?
価値はあるのか?
損しないか?
を何日考えていても、経験するまで
ぜっっっっっったいに答えは出ないわけで、

仮にその知識・経験に価値を見出せなかったとして
それは失敗なんでしょうか?

「自分には合わない、という答えが出た」

という結果にも、最高の価値があるはずです。

生きてるから、色んな経験を積み、感じて、
知識として蓄えていけるんです♡♡♡

それが生きているって事だと、私は思います。

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です