レッスンは疑って受けるべし

こんにちは♡
ハイヒールコーチのMakiです。
(レッスン内容はこちら



本日のBlogは、タイトル通り
レッスンを100%鵜呑みにしないでね
というお話です。

えっ、じゃあ疑ってレッスンを受けろってこと?
と思われるかもしれませんが、

 

鵜呑みにするくらいなら、
疑っていただいた方が、私が安心です。

 

 

私のお仕事は、
常にクライアントの体と対話する必要があります。

 

1人として同じ顔がないように、
同じ体や癖を持っている
クライアントはいないのです。

 

女性は毎日、体調が変わる
繊細な体がもっているので、尚更です。

 

コーチ側の経験値が増えれば
解決法の球数は増えますが、
かと言って、常にそれらが正解とは
全く、限りません。

 

レッスン中は、
ありとあらゆる事を考えながら、
ベストだと信じることをお伝えし
実践していただきますが、

 

それが100%正しかったかは
結果が出るまでは、分かりません。

 

 

そして何より、
女性は額面通りに受け取る方が
圧倒的に多い!!

それは危険!!!

 

例えば、「肩甲骨を寄せて下さい」
というアドバイス1つにしても、

 

それを額面通り受け取る必要は
ありません。

 

先ずは、寄せてみて
その感覚が「快か不快か」
ご自身の体に聞いてみて下さい。

 

絶対に、貴女の体は正解を知っています。

もし、

ちょっと今は辛いけど
軸を感じやすくて、嫌じゃない。

なら、それを採用していただいて
大丈夫ですが、

なんか、辛い。
呼吸がし辛いな…

なんて感じたら、
即刻やめてもらって構いません。

それなら、別のアプローチや
体の動かし方を考えるだけです。

 

それこそ正に
クライアントとコーチの二人三脚です。

 

私にとって快な感覚も
貴女にとって不快であれば、不快なのです。

不快さが1つでもあるハイヒールウォークは
長続きしません。

 

私は、快適で楽しい
ハイヒールを履く人生を得てほしいのです。

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です