ハイヒールは腰痛の救世主

最初に結論を言いますと、

ハイヒールは腰痛の救世主である

 

先日、ハイヒールレッスンに

ご興味を持たれた方は、

随分と腰痛に悩まされているとのこと。

ただでさえ腰が痛いのに、

ハイヒールなんてとんでもない!!

と言った雰囲気は、言葉なしにも伝わってきました。


けっして、この方が特別ではなく

腰痛に悩まされている方であれば

ほぼ全員が、同じ感想を持つのではないでしょうか?



さて、ここで最初に声高らかに宣言した

「ハイヒールは腰痛の救世主です」

の根拠ですが、


つまるところ、腰痛の原因は

骨の異常でないかぎり

腰に負担をかけた生活をしているからです。

代表的なものが、「反り腰」でしょう。

反り腰の原因は、

腹筋が圧倒的に足りてないことにあります。


もし疑問を持たれるのであれば、

立ち上がって、腹筋を上に引き上げてみてください。

背中の位置がまっすぐになるはずです。

加えて、骨盤の位置も水平になるのではないでしょうか?


この姿勢ですと、上半身の重心が

腰1点に集中せず、

カラダの前後にバランス良く流れます。


この姿勢が常態化すれば、

腰痛はだいぶ軽減されることでしょう。


次は、

じゃあ、なんでハイヒールが腰痛の救世主になるの?

ですが、ハイヒールで正しく歩くとは、

“腹筋を十分に引き上げた状態である”

ということが重要なポイントです。

(慣れてくると、重心はミゾオチまで上がってきます)

なので、正しく歩くフォームを

カラダが覚えてしまえば、

絶対に、反り腰にはならないのです。

 


多くの方が、歩く=足の前後運動

とカラダも脳も思い込みすぎていますが、

本来、歩くとは「全身を使った運動」です。


フラットシューズで難なく歩けても

高さがあるハイヒールでも

同じように、足だけで歩こうとするのは

正直、無理な話なのです。


靴の難易度が上がるからには、

「より正しい歩き、正しいカラダの使い方」は

重要になってきます。

心地よいハイヒールウォークをしようと

思えば思うほど、自然に腹筋は引きあがります。


正しいハイヒールウォークをマスターし、

頻繁に履くようになると

腰痛は自然と軽減されていくのは、こういった理由です。

もちろん!これはフラットシューズにも適用できますが、

フラットシューズだと、

腹筋を意識しなくても、スイスイ歩けてしまうので

気づいたら反り腰に戻ってた…に

なりかねないのです。


ハイヒールは腰痛の救世主♡

少しでも納得していただければ、嬉しいです。

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です