ハイヒールとバストの関係



AMELKISは、先週からレッスンを再開しています。

ZOOMでのレッスン
体験レッスン
継続レッスン


有難いことに、連日レッスンが入っており
初めまして、そしてお久しぶりですの方々に
お会い出来る日々に、本当に本当に
感謝でいっぱいです。

 

コロナの状況もありますので
一日一名に限定しておりますが
今後は状況を見つつ、臨機応変に
進めてまいります!



突然ですが、皆さんはバストの大きさではなく
バストの位置(=高さ)は意識されていますか?

 

私は、第一子の卒乳を迎えた31歳まで
ほぼ、意識していませんでした。

 

胸が垂れるなんて、おばあさんの問題で
若いうちは大丈夫、無関係~

 

くらいに信じて疑ってなかったのです。

 

…がしかし、卒乳後の胸は別人。
例えるなら、そうですね…

やる気をなくしたナン。

でしょうか。

 

下垂した胸は、一気に老けて見える!
横姿を鏡で確認しながら
バストトップの位置を変えて、見てください。

一目瞭然なはず。

 

私は出産してないし。

と他人事に思った方、要注意です。
授乳の有無関係なく、バストは年齢と共に
確実に下がります。

 

因みに、私は第二子も卒乳したので
先日、新しい下着を新調し
かなり気合を入れてバストケアを開始しています。

 

さて、前置きが長くなりましたが
先日体験レッスンを終えられた方が
面白い発見をされていました。

 

それは、レッスン終了後、

「バストの位置が上がっている!!!」

と、驚愕されていたのです。

 

そうなんです!
ハイヒールレッスンなのに、
バストの位置が変わるんです!

その秘密は、肩甲骨にあります♡

 

どういうことかと言うと、
レッスンでは、一貫して
肩甲骨の柔軟性に注力します。

ウォーキングレッスンだけど
上半身、特に肩甲骨の脱力には
体験レッスンでも、かなりメスを入れます。

 

なぜか。

 

肩甲骨が固まっていると
呼吸が浅く、全身が硬直して
ウォーキングどころじゃないからです。

 

一方、肩甲骨を自由自在に動かせるほど
柔らかいと、深い呼吸ができ
全身の力みが取れるので、
自然で美しい歩きを実現できるのです。

 

肩甲骨の柔軟性を高めると
肩甲骨周辺の筋肉の緊張がとれ
下にさがり、猫背が改善されます。

そうすると、バストトップの位置は
自然と上がるんです。

 

文字にするとイメージし辛いと思うのですが
本来の姿勢に戻ると、バストの位置は
正常の位置に戻るのです。

 

ただ注意していただきたいのは
よく姿勢を正そうとすると
背筋をピシッとし、肩甲骨をグッと寄せますよね。

一見、姿勢よく見えますが
その姿勢で10分ともたないのは
無理しているからです。
つまり、力んでいる。

長続きしないのは
自然に逆らっているから。

 

私が伝えているのは、逆です。
リラックス、脱力。
背中に張り付いた肩甲骨をはがす。

それが出来れば、自然と美しい姿勢に戻ります。
そして、バストの位置が上がり
お洋服の見栄えが格段に上がり
キラキラ輝く…♡♡♡


一日の内、10回でもいいので
肩甲骨を回すと、変化を感じられるはずです。

ただし、油断していると
卒乳後は肩甲骨だけでは逆らえないほど
下垂しますので
卒乳と同時に、下着を新調し
バストケアは行って下さい。

私は、今、必死です。

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です