ハイヒールで歩くことは、超絶技巧ではない

ずっと探していたガラスのハイヒール
何処にも無かったのに、近くのスーパーに売っていました
なぜ…

ハイヒールで歩くなんて、難しそう、私には無理

と思われる方って、私もそうでしたが
本当に多いなと感じています

他にも、痛いであったり体に悪い、といった思い込みで
ハイヒールを嫌煙される方々もいらっしゃいますが

今日は、難しそう、と思っている方にお伝えしたいと思います

ハイヒールとは、そんなとてつもないモノではなく
言ってしまえば、たんなる靴です
よって、ハイヒールで歩くとは
フラットシューズで歩くことの延長線上のこと
そこを忘れないでほしい

ということ

例えば、三輪車と一輪車では
断然、一輪車の方が難しいですが
練習してコツを掴めれば、乗れますよね
ハイヒールもそうなんです

三輪車がフラットシューズで歩くこと
一輪車がハイヒールで歩くこと、といった感じです

(因みに、私は小学生の頃、一輪車のプロと呼ばれていました)

一輪車なんて乗れない、という方もいらっしゃると思いますので
別の例を挙げるのであれば

多くの子供たちが、試行錯誤しながら
立ち上がり、歩けるようになり、そして走れますよね

立ち上がることが、フラットシューズで歩くこと
走れるようになるのが、ハイヒールで歩くこと、といった感じです

上記の例で、二輪車と歩くことをハイヒール、としなかったのは
それだけ、フラットシューズとハイヒールで
歩く難易度に差があるからです

やっぱり、ハイヒールは難しいではないか!
ということになるのですが

私が強調したいのは、ハイヒールで歩くとは
決して手の届かない不可能な技術ではなく
脳と身体が、動かし方を理解すれば実現できる
という事なのです

もう一つ付け加えたいことは
歩く事と、美しく歩く事は別物ではありません

私の教えるハイヒールウォークは
正しく歩けたら、美しかった
美しく歩いていたら、正しかった

そういうことなのです

ハイヒールウォークは
超絶技巧ではありません

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です