クライアントからのご質問 – 男性のペースに合わせて歩く事

伊勢神宮で空を見上げた写真

私、Makiも夏休みを満喫しておりました。

10日間ほど実家の三重に帰省していたのですが
のんびりしたいと願いつつも
連日予定が入っており、東京にいるより
忙しかったように思います。

きっと、のんびりしたい、
と心の底では思ってないんでしょうね…

それにしても三重県、食べる物が全て
安くて美味しい!
バナナさえも美味しい!

お伊勢参りも兼ねて、是非、三重県にお越しください。

伊勢神宮へこの夏も行きましたが
あの場所は、畏敬の念をもたずして歩けない場所です。

私は伊勢神宮に近づくと
だいたい、鳥肌が立ち始めます。
そして、自然と無口になります。

幼少期から、いわゆる第六感が強いので
尚更、敏感に感じるのかもしれませんが
そっち系の能力がゼロ以下の夫でさえも
無反応ではいられない場所です。

———————————————————–

久しぶりに、クライアントからの質問を紹介します。

こちらのクライアントは、女性企業家として
国内外を飛び回ってお仕事をされています。

Q:
日常の商談は男性社長と行う事が殆ど。
そうすると、どうしても男性の歩くペースに合わせてしまい
レッスンでNGと言われる
早歩きや、大股にもなってしまいます。
何か打開策はありますか?

これ、本当にお気持ち分かります。

働いている働いていない別として
女性であれば、
同じ思いをされた経験があるのではないでしょうか?

よく、レディーファーストではない文化が問題だ
と仰る方もいらっしゃいますが

デート中の話であれば分かりますが
商談時であれば、仕方がないと思っています。

と言うのも、経営者の方たちは
時間がどれほど貴重なものか理解しているので

基本、せっかちな方が多い印象です。

Time is Moneyではなく
Time is Lifeなんですよね。

しかも仕事モードに入っている男性は
通常の2倍速で頭も体も動いています。

紳士で有名な、某国の方々と
幾度となく仕事をしましたが
最初こそ気を遣って下さっても

仕事モードONになると
あの長い脚と男性のスピードで
私の脚は高速回転せずにはいられませんでした。

男性がペースを合わせたくなる様な
女性のオーラを出す
という意見が聞こえてきそうですが
私はもっと実態に即した回答をさせて頂きたいと思います。

こういう場合の打開策は2つです。

1つ目は、ヒールの高さを6cm以下と低めにすること

2つ目は、最大限に脚&足の内側を意識して歩くこと

先ず、ヒールの高さですが
高くなれば高くなっただけ、軸を保つ筋力が必要です。

それは、ご自身のペースが確保できないと
至難の業ですので、無理に歩き続けると
足を痛めたり、変な癖がついてしまうので
ヒールの高さを低くし、難易度を下げましょう。

2つ目の脚&足の内側を意識することですが
早歩きになると、否が応でも体重が外側に流れやすくなります。

そうすると、脹脛の外側の筋肉が発達し
O脚の原因になりますし
膝下だけでペタペタと歩いてしまうため
見た目にも美しくありません。

欲を言えば、大股は腰が反ってしまうので
腹筋を最大限に意識してほしいところですが
話しながらとなると、呼吸がままならなくなるリスクもあるので
ほどほどに…

ぜーぜーしている姿は美しくないですしね…

そして最後に、自宅に戻ったあと
たとえ10分でいいので、1つエクササイズを行い
その日についた癖は、その日に解消してしまいましょう。

 

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です