⑦膝は大女優 美しいハイヒールウォークを叶える7つのステップ

こんにちは
ハイヒールコーチのMakiです。

 

引き続き
コロナの今、ハイヒールウォークを伝える理由
に多くのコメントをいただいており

 

私自身、皆さんがハイヒールをどう感じているのか
この状況下で、エネルギー(活力)を
どう高めていきたいと考えているのか

 

1つ1つのメッセージに
お会いしたことがなくとも
確かな意思疎通を感じています。

 

こうしてブログを通して
私の情報を発信し
そしてコメントを頂き
そのコメントをヒントにブログを書く。

 

まるで吸って吐いての呼吸のように
コミュニケーションの輪が循環していることに
一体感を感じられ、とても嬉しく感じています。

 

皆さんのコメントを読むうちに
私が仕事を通して実現していきたいことの1つは
この「一体感」をコミュニティの皆さんと共に
共有していくことなんだと
腑に落ちた数日を過ごしています。

 

さて、本題に戻り
美しいハイヒールウォークを叶える7つのステップ
最終のステップ7になります。

 

ステップ7は

 

膝と膝の隙間をつくらず
美しい歩きをプロデュースする

 

です。

 

美しく見える歩きのコツは
1つではありませんが、

肝のキモ、は膝の表現力です。
(膝は役者、大女優です)

 

これまでの全てのステップを意識し
膝下のラインを真っすぐにしても
つま先を正面に向けようと
骨盤を安定させようと

膝と膝の間にスペースができると
途端に美しさは半減します。
いや、半減ではなく無くなります。

 

ではどうするか。

 

着地しましたら
後脚の膝を前脚の膝に付けに行く
だけです。

 

ポイントは
付けに行く

磁石に引っ張られるように
膝を膝に付けに行くのです。

これ、言うのは簡単なんです。
難しいのは意識し続けることなんですね。

 

気を抜くと、フワッといつもの癖で
膝と膝が開いてしまい
ドスドス歩きが見事に完成。

では、どう意識し続けるのか!

 

ごめんなさい、それは努力して下さい
としか言えません…

 

ただ、何度も申し上げている通り
この自粛期間という外出距離が
極端に短い、この時こそチャンスなんです。

 

往復5分の距離であれば、
少なくとも3分は意識し続けられます。

その3分を3日続ければ
5分の意識もできます。

 

こうして反復していくことで
確実に、常に膝と膝の間にスペースが無い
が常態化してきます。

 

これが当たり前になってくると
歩きの美しさは各段に上がります!

 

さて、7つのステップ連載をしてきましたが
気付いてしまったことは

7つに絞るとか性に合わないわー。

 

ということです。笑

 

なんだかエネルギーを小出しにしているようで
自分が自分にじれったいので
今後も美しいハイヒールウォークのコツは
どんどんお伝えしていきます!

 

さぁ皆さん、明日ハイヒールで5分歩いてみましょう!

 

♡お知らせ♡
ハイヒールに関することは
こちらのメインブログにアップしておりますが
その他の記事はアメブロでも配信中です。

ぜひ、遊びに来てください!
自由に書きたい事を書いています♡

アメブロはこちら

 

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です