⑥一直線を歩くは本当か?美しいハイヒールウォークを叶える7つのステップ

こんにちは
ハイヒールコーチのMakiです。

 

昨日のブログ
「コロナの今、ハイヒールウォークを伝える理由」
に、国内外問わず沢山の方々から
メッセージを頂きました。

有難いことに、男性からもメッセージをいただき
ハイヒールという女性のアイテムでも
ハイヒールを通して伝えたい信念が
伝わったことに、心から喜びを感じます。

 

せっかくですので、本題に入る前に
頂いたメッセージを少しご紹介しますね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

もっとステップが知りたくなりました!(女性)

すごい記事ですね。ハイヒール全然興味なかったけど
ハイヒールすげー!ってなってます。(男性)

私もまたヒール履いてみたいと思いました。
エネルギー感じる記事で、一時帰国のときに
ぜひ習いたいです。(女性)

ハイヒールへの熱量がものすごい伝わってきます!
今後の発信も楽しみにさせていただきます。(男性)

「1日5分、近くのコンビニへ歩く時
ハイヒールを履き貴女のエネルギーのスイッチを
押してほしい」って、カッコいいし素敵です。
Makiさんの想いが伝わってきます。(女性)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コメントを頂けると、とても嬉しいです。

もっとお役にたてる内容を書こう!
と活力に満ち、それが伝われば
正に良いエネルギーの循環が広がります。

 

自分軸をもって進むことも大切ですが
これからの時代は、
業種、性別、人種の枠を飛び越え
想いを共有し輪を広げていくことが
とても大切になってくると感じています。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが
ステップ6に進みたいと思います。

ステップ6は

 

一直線を歩くのは本当か?

 

です。

 

モデルウォークを代表するように
一直線を歩くように
と伝えるメソッドは多くありますが
私は違う意見を持っています。

 

一直線を歩くと、写真のように骨盤が左右に動きます。

別の言い方をすると
おへそが左正面を向いてしまっています。

骨盤矯正も長年流行っていますが
骨盤というのは、歪みなく安定していることが
美しく健康な体作りの基本です。

 

それなのに、一直線を歩いて
骨盤を左右に動かしながら
何千歩と歩けば、骨盤は完全に歪みます。

 

なので、私がお伝えしているのは

 

右足は右足のライン
左足は左足のライン
に足を置く

 

です。

 

さらに、着地した足の親指は
真っすぐ正面を向けば
がに股にも内股にもなりません。

骨盤の下に脚がぶら下がっていて
振り子のように脚を運ぶイメージです。

そうすれば、骨盤が不自然に動くこともないのです。

 

骨盤の安定、というテーマで
10通りはブログを書けるのですが
先ずは、この着地させる足のラインというのは
とても大切なベースになります。

 

これも、ハイヒールに関係なく
フラットシューズでも同じことが言えます。

 

右足は右足のライン
左足は左足のラインに着地し
親指は真っすぐ正面を向ける

 

これだけでも、体の安定感は増し
美しい脚運びに近づきますよ!

 

美しい歩きは、体の健康・免疫もアップさせるのです。

 

Author: Amelkis-Maki08

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です